とても気を付けていても、どんなに愛情を注いでいても、犬は逃げてしまうことがあります。でも犬は、ちょっと散歩にでたつもりなのです。
迷い犬について

 [どうして逃げてしまうの]
 迷い犬は神奈川県の場合、個人に保護されるか神奈川県動物保護センターに保護されます。
 しかし、実際には保護期間が決まっているために、多くの犬が殺処分されてしまいます。
 厚生省のデータによると全国では、70万頭もの犬・猫が殺処分されている現状です。
 神奈川県動物保護センターだけでも年間で6000頭以上もの犬・猫が殺処分されています。
 「うちの子に限って」なんてことはありません。
 
 迷い犬になる原因はいろいろありますが、以下のようなケースがあるようです。
 飼い始めに逃げてしまうことより、ちょっとした飼い主の油断から迷い犬になることが多いようです。
  1.発情期になって異性の犬を求めてさまよう
   (ハスキー、ゴールデンレトリーバー、ラブラドールレトリーバー、ビーグル、セッター、ポインター)
  2.雷などの大きな音に驚いて家から飛び出していく
   (シェットランドシープドック、シーズー、ヨーキー、ポメラニアン)
  3.公園や家から遊んでいるときや留守の間に逃げる
   (シェットランドシープドック、プードル、シーズー、マルチーズ、ダックスフンド、パグ)

 [どこに連絡すればいいの]

 とにかく、すぐに行動しましょう。そのうち帰ってくるなんてことはほとんどありません。
 交通事故に合う可能性もあります。
 メスだったら妊娠する可能性もあります。
 お腹がすけば、近くにいる人によっていって保護されるかもしれません。
 見つかったときには、連絡した場所すべてに報告し届け出でを取り下げます。
  1.散歩のルートや公園などを探す。
  2.近くの交番へ届け出る。
  3.逃げた場所の保健所、できれば、近郊の接している区や市の保健所にも連絡。
  4.動物保護管理センターへ連絡。
  5.近所に張り紙をしたり、聞き込みをする。(大型犬は短時間でかなり遠くまで行きます。)
    張り紙には、「犬種・色・特徴・首輪の色・犬の名前・いつ・どこで・連絡先」を明記。
  6.インターネットの迷い犬の掲示板に投稿する。
 
迷い犬の掲示板

迷い犬の掲示版です。有料のものもあります。他の方の掲示内容を参考に投稿するとよいでしょう。

もちろん、迷い犬を保護したときにも利用できます。
迷い犬を保護された場合は、もよりの交番、保健所、動物保護センターへ連絡します。

見つかったときには必ず報告の投稿を忘れずに。

  ぽち兵衛のわんこ情報局
WELCOME TOMY GARDEN
Pee's Pets Web


●全国の動物保護管理センターの一覧へのリンクや
保護犬や里親募集のコーナーがあります。

わんこといっしょ

迷い犬に関わるエピソード

 実はエベイユは脱走犯です。
 初めての脱走は、まだきたばかりのころ。
 それから、何度となく脱走を繰り返しています。
 なんと脱走して門から入れないので、「クーン、クーン」と泣いているというしまつ。

 もちろん、発情期には厳重な警戒態勢を強いています。

 ご興味があるかたはエピソードを読んでください。
エベイユ脱走事件と迷い犬の保護の話を書いてみました。

迷い犬のエピソード