エベイユの出産から子犬の成長の記録

2000.5.8  おかしい。前回から考えるとそろそろ発情がきてもいい頃なのに、全く気配がない。
訓練所に「気が付かなかったのかもしれません。」とやむなく電話をする。
でも、本心は「でも、毎日チェックしていたのに...。4月になってからだったから、本当は3月だったりして」と自信がない。でもとてもあきらめられない気分。
2000.5.29 エベイユの誕生日、ついに5歳になったエベイユ。(エベイユは1995年生まれ)
今年は、「お産はなしかな?」な〜んて話しかけても、「へへん」という顔をしている。
昨年は引っ越しをしたため、ジュニアはあきらめた。「今年は時間もあるし」なんてはりきっていたのに。
2000.6.2 発情だ。きたきたやっときた。
大喜びで訓練所に連絡する。交配相手は前回と同じラスティ君だ。
良かった。引き受けてくれたんだ。
エベイユは、しきりになめているが確かに発情だ。
訓練所の方から電話で、「来週あたり、訓練所に連れて来てください。」と言われた。
2000.6.8 エベイユを訓練所に連れて行く。
仕事が忙しいので、いつも訓練所にお泊まりをしてその間に交配するからだ。
いつものように、しっぽを振りながら振り返りもしないで、いってしまった。
まあ、生まれたのがこの訓練所だし、里帰りみたいなものだし、みんな知ってるし...しかたないか。
でも、なんとなくエベイユが恨めしかった。
2000.610 「エベイユの交配は、そろそろかなあ」なんて思っている。
散歩がない。エベイユがいないのだから当たり前だが、何となくつまらない。
早く帰ってこないかなあ。
2000.6.13 訓練所より電話。交配は無事に済んだとのこと。6月12日に交配したそうだ。
とにかく、早く迎えに行きたくなってしまった。
「14日に遅くなってもいいですか」とつい電話で聞いてしまう。
14日は仕事で、昼間に迎えにいけないからだ。
よし、明日お迎えに行こうっと。
2000.6.14 お迎えに行く。仕事から帰ってお迎えなので、結構遅い。
娘に「ごめん、今からお迎えに行くけどいいかなあ。」というと
娘は「宿題があるから、ママたちだけでいっていいよ。」と言われる。
「ごめんね。」といいながら、いそいそと迎えにいった。
エベイユが小屋の中で待っていた。
私たちの姿を見ると、例のごとく「ク〜ン、ク〜ン。キャン。キャン」と甘えた声で呼んでいる。
「な〜んだ。ちゃんと喜んでくれてる。」と少しほっとする。
合うと、いつものようにちぎれんばかりにしっぽを振って、じゃれてくる。
エベイユの興奮が、一段落ついてから家路に向かった。
2000.7.12 エベイユの乳房が少し目立ってきた。
いつもはほとんど毛に隠れて見えない。お腹の毛が抜け始めてきたのかも知れない。
餌を幼犬用のドックフードに切り替える。
2000.7.19 関係ないが、娘がカナダでホームステイをするため旅立った。
娘が帰るまで生まれないといいなあ。
2000.7.28 娘がいないこともあり、軽井沢で過ごすことにした。
犬も暑さのためにストレスがでていたが、こちらにきてから涼しいせいか穏やかな顔をしている。
毎朝、安産のために1時間の散歩をした。帰ると死んだように寝ている。
2000.8.1 また、相模原の生活だ。とにかく暑い。
エベイユのためにクーラーを入れて、本当に良かった。
それでも日中暑そうにしている。
2000.8.6 エベイユのお腹が大変目立ってきている。
先日、レントゲンで調べたが、6〜8匹いるようだ。
8月3日から毎日体温を測っているが、今日は体温が上がったり下がったりしている。
そろそろかもしれないので、あわてて準備を始めた。
2000.8.9 エベイユの体温の変化がさらに激しくなっている。
通常は犬の体温は38.4度前後。エベイユは運動すると結構高くなる。
今日はいつもより低め。なんだかしきりに新聞紙をビリビリに引き裂いたり、落ち着かない様子。
娘も無事にカナダから帰ってきた。娘も出産に立ち会えそうだ。
今晩は生まれそうなので、犬の横で寝ることにする。
測り、はさみ、タオル、ガーゼ、ゴミ袋(汚れた新聞紙を入れるため)、ティッシュ、かご、メモ帳と筆記用具、新聞紙を用意する。
2000.8.10 エベイユの体温が6度代になっている。
結局犬は夜一睡もしていない。
もちろん、私も睡眠不足だ。今日こそ生まれるに違いない。

10:00 様子が変だ。しきりに「クーンクーン」「ワン」と吠える。
     いつもの何か訴えている声。
     どうやら陣痛が来たようだ。
12:30 1頭目を出産。続いて、すぐ2頭目を出産した。
     1頭目は時間がかかってしまったせいか、
     エベイユがとてもナーバスになっている。
     しきりに子犬を軽く加えてふったり、なめたりして世話をしている。
     じきに子犬が産声をあげた。
15:40 ついに最後の子犬が生まれたかな。
     エベイユは産室から出て、トイレをすませたらまたイソイソと戻ってきた。
     とりあえず、牛乳を飲ませる。
17:00 なんとまた陣痛がきたようだ。
     一息ついて元気がでたようだが、さすがに時間がかかった。
     疲れて力がでないようなので、助産をする。
     最後の犬(ブラック メス)が生まれた。
     なんと頭からでてきたが、頭が出た状態でもう産声をあげている。
     すぐに測ってみるとなんと一番大きかった。
18:30 水を飲み、ほっとしたエベイユが横たわっている。
     新聞紙の山を片づけ、タオルの洗濯をしてやっと一段落。
     ふ〜疲れた。     
2000.8.11 朝、目が覚めたらさっそく子犬の様子を見る。
エベイユもせっせと子犬の世話をしている。
子犬もよくお乳を飲んでいるようで、順調に体重が増えている。
エベイユはまだ食欲が戻っていないようだ。
お疲れさま。
午後になったら、やっとエベイユは横たわって眠っている。
それでも子犬は構わず、お乳をすっている。
なんてお母さんって大変なんだろう。(人間より)
母犬には獣医の勧めでカルシウムとビタミンの錠剤を与える。(ビスケットになっているもの)
2000.8.14 毎日、子犬の体重を測るのがとても楽しみになってきている。
12日には子犬のへその緒は乾いてほとんど取れている。点のような跡しかない。
母犬の2日前の産じゅく熱も1時的なもので食欲も問題なく戻ってきている。とにかくよく食べる。
でもそのわりには、エベイユは結構やせてしまったように見える。
子犬の寝ている時間が長くなってきているため、エベイユは少し離れて横たわっていることも多くなっている。
散歩もようやく通常のペースに戻ってきているが、10分ぐらいで帰ってくる。
散歩のあと、母犬の足とおしりを洗ってタオルでふきあげる。
同時に子犬をかごに移してから、産室の掃除を行う。
子犬の体重は、昨日13日の計測で平均約130g増加している。
血統証明書に記載する子犬の名前を決めた。
2000.8.16 母犬は子犬と離れて横たわるようになってきた。散歩も通常どおりになってきた。
子犬もよく寝ており、耳が垂れてきたものもいる。
まだ目は見えないが、母親から離れても泣かなくなってきた。
中には腹を上に向けて寝ているものもいる。
そろそろ区別が付くようになってきたので、一頭ずつの写真を撮ることにした。
体重は、誕生した時に比べ1つ1つの個体の差は少なくなってきている。
やはり、小さい子犬の母犬の下腹につけたかいがあったかな。
2000.8.21 子犬が4つの小さい足で立ち始めている。まだ、ヨタヨタしているし、歩くまでには至っていないが立てるとうれしいのか、ワンワンと吠える。でもすぐヘタっとつぶれてしまう。
お乳の回数も少なくなってきている。生後20日前後から離乳食になるがそれまではエベイユがたより。
エベイユも見ていないと子犬からできるだけ離れている様子。
疲れているのかな。
エベイユは、繁殖用のドックフードと牛乳、そして「どさん子たら」と煮干しをガツガツとよく食べる。
健康状態のチェックのために、木曜日あたり獣医さんに連れて行こうかな。2週間になるし。
2000.8.25 目が開いた。歩くようにもなってきた。動きも活発になってきて、なぜかお乳を飲んだ後みんなで行進している。
ときどき、ワンワンと吠え、お互いになめ合っている。ガブとされてキャーンという、犬もいる。
そろそろ、子犬同士の遊びが始まっているようだ。
子犬のオシッコの量も増えてきて、メンテナンスが大変になってきた。
新聞紙から全面トイレシートに切り替える。
2000.8.30 昨日より子犬がじゃれ合い、とっくみあいがしばしば起こる。「遊び」がはじまった。離乳食も今日で4日目だが、便も正常なので今日から皿で与えてみることにする。
生後2週間目に前足の爪を切ったが、浅めに切ったせいかときどき抱くと服に爪が引っかかることがある。
ラバーブラシでなでたり、蒸しタオルで拭いているがたいして汚れてはいなうようだ。子犬は、はじめはおとなしくしていたが、最近では蒸しタオルにかぶりついてじゃれてくる。
ゲージから出して室内の探検を始めた。子犬によっては緊張のあまり1歩も進めないのもいる。
2000.9. 3 子犬の足の爪を切った。前回と違いみんなおとなしくしている。
毎日全身を拭いているが、最近はほとんど抵抗しなくなってきている。
今日から、トイレと寝床の分離をするため、寝床には新聞紙、トイレ部分にはトイレシートに切り替える。
もちろん、新聞紙はトイレをしてしまったときにはすぐに取り替える。
うんちをするタイミングが一定してきた。トイレットペーパーでゲットできるようになったので、うんちの処理も楽になってきた。新聞紙にしようとした子犬は見つけるといそいでトイレシートへ移動する。
2000.9. 4 室内探検もだいぶ慣れてきた。離乳食もようやくドックフードとドライミルク(犬用)とのミックスのどろどろしたものを食べるようになってきている。しかし、どうも量が判らない。たくさん食べるときもあるし、あまり食べない時もある。残ると何だかもったいないが、エベイユの欲しそうな顔をよそに、生ゴミとして捨てる。おもちゃに少し興味がでてきたようだ。
2000.9. 6 ようやくトイレにオシッコをするようになってきた。しかし、まだ失敗することもあるので子犬の目がさめたら、すぐトイレにいけるように広めにトイレシートを引いている。ほとんど寝ている場所にすることはなくなってきた。歯もかなりはえてきているため、タオルなどを咬むようになってきた。歯磨きをかねて、おもちゃを与えたら喜んで振り回している。今日は音に対する反応を見る。大きな音を立てると全員が目を覚まして、こちらをビックリした目で見る。みんな耳が聞こえるようだ。各子犬の音に対する反応を見て、今後のトレーニングの計画を練る。
そうだ、今度の土曜日あたり晴れたら、はじめての全身シャンプーかな。
 2000.9.10 歯がかなり生えてきている。柵や柱をかじっている姿をよく見るようになってきた。
母犬のお乳の出も少なくなるように餌を夜の食事のみに調整し始める。
離乳食の回数は現在4回にしている。ほぼパピーフードカップ1杯をお湯でふやかしたものにドライミルクを溶かしたものをかけている。便の量も増えてきてちょっとくさい。
 2000.9.14 2日ほど前から天気のよいときにベランダに出して遊ばせている。
窓をあけてゲージから出すと勢いよく、飛び出してゆく。
いつもはじめは嬉しいのかはじからはじまでなんどもかけていく。中にはジャンプするのもいる。
疲れきって寝るまで遊ばせて、そっと小屋やゲージへ運ぶ。
なぜかコンクリートのすみの方に寝る子犬もいる。お腹が冷えるのが心配で見かけると移動する。
じゃれかみをするが、歯を痛いほどはたてなくなってきた。
昨日から夜は母犬と離している。昼間たくさんあそんだせいかとてもおとなしい。
吠えることもほとんどなくなってきた。
 2000.9.19 今日で生後40日になった。獣医さんに健康診断に行く。
体重は4kg前後になっている。「とっても健康です。」とのこと。これで一安心。
しかし、健康なのはいいがこのごろなぜか6匹で結託して悪戯をするので規模が大きくなってきた。
昨日は、ビニールシートをみんなで引っ張って半分ほどめくれているのを発見する。
「あ〜あ!」というとなぜかみんなピタッと止まってこちらをじーと見る。
少しは悪いことをしていると思っているのかな?「こら、ダメといって」手をたたくとサッと散って、悪戯を止めた。
 2000.9.23 横浜警察犬訓練所にBellを連れて行った。お別れの最初の子犬なのでビデオを撮った。
行きも帰りも渋滞で思ったよりも時間がかかった。
子犬は固形のものは心配なのでドックミルクだけを飲ませていった。
子犬は酔うこともなく、無事に届けることができた。
来週から残りの子犬も飼い主さんの元に行くのかな。
 2000.9.26 車で酔わないように朝ご飯は4時前に済ませた。昼までお腹が持つように6時にはドックミルクを与える。
今日はBenのお迎えの日だ。Benの爪や全身を点検する。
11:00にお迎えなので、渡す資料などを準備する。
少し早くいらしたので応対をして送り出したらすでに12時近くなっていた。
あれっ、Aさん一家は、家に付くまで1時間以上っていってたけど食事とる暇あるのかなあ。
部屋に戻ると当たり前だが、4匹になっている。さすがに何となく広々とした様な気がする。
明日でまた食事のペースを戻さなくっちゃ。
2000.9.30 昨日、Buddha、Bunta、そして今日はBossとBruceが飼い主さんのところへ行きました。
誰もいないサークルだけが残っているのが何ともさみしいなあ。
Bossは「フクスケ」、Buntaは「レオ」、Buddhaは「クッキー」に決まったとの連絡が入る。
よし、明日はエベイユの慰労ドライブをしよう!